hospital

骨粗鬆症の予防法~老後も安心!健康ガイド~

元気な老後を送るには

doctor

危険を減らす骨密度の強化

高齢になってくると、骨密度の低下により骨粗鬆症になるリスクが増えてきます。骨粗鬆症になってしまうと骨が弱い状態になっているため、転倒しやすい危険性が出てきます。これで骨折をしてしまう人が多く、高齢という年齢から寝たきりになってしまう人も後を絶ちません。このような事態を防ぐには、骨密度の強度を高めることです。それにはカルシウムなどの高い栄養素を積極的に摂取していくようにし、足を鍛える運動も効果的です。こういった取り組みが骨粗鬆症の予防となるため、若い頃から意識していくことが大切です。骨粗鬆症を多く診る整形外科や専門外来などでは、こうした予防を患者にすすめていくようにしています。実際にその症状を起こしていない人でも、その呼びかけから予防を行う人が増えてきました。老後を元気に送っていくには、日頃からの骨を丈夫にする予防が欠かせません。

高齢者に多い現状

骨粗鬆症は、加齢により誰でもその可能性がある症状ですが、意識の違いからその差が出てしまうのは確かです。適切な食事内容で日頃からよく動き回る人ほど、骨粗鬆症になるリスクが減少してきます。そして、骨粗鬆症で気を付けたいのが特に女性です。これは、閉経を迎えると女性ホルモンが減少してしまいます。これが減少することで骨の成分も同じような状態になってしまうため、骨粗鬆症を一気に招いてしまうことになります。このため、女性は閉経を迎えると、食事や運動で予防をしていくことが大切なのです。骨粗鬆症は他人事のように思われる人も少なくありませんが、整形外科や専門外来に通う人の多くが高齢者です。高齢者になればなるほど可能性が高くなってしまうので、予防をしていくことで不自由なく動き回れる状態が維持できます。いま専門機関では補助的な薬の処方も行なわれているので、それらを飲んで骨密度を上げていきましょう。

良い睡眠のために

nurse

不眠症は様々な要因で起こります。改善するには乱れた自律神経や体内時計を整えることが大切です。日中の活動に気を付け、夜は交感神経を鎮めるような生活を心がけます。すぐに改善されなくても焦らずに毎日続けていくことが大切です。

View Detail

緩和の方法を探しましょう

flower

更年期障害は閉経に向かって減少するエストロゲンの影響によって起こります。症状は人それぞれであり、現在ではさまざまな緩和方法があります。今後も現在の方法に加えて、ほかのアイテムや方法も出てくるでしょう。

View Detail

足に異常のある病気

woman

腰部脊柱管狭窄症の症状の一つに、間欠性跛行があります。これは歩行してしばらくすると足に痛みやしびれが生じますが、一定時間休むとその症状が緩和され歩行が出来る状態になることを言います。また脊柱管狭窄症では日常生活に注意する必要が出てきます。

View Detail

Copyright© 2016 骨粗鬆症の予防法~老後も安心!健康ガイド~All Rights Reserved.